プロフィール

福島 もとみ

画像の説明

2011年に起きた東日本大震災の後、「こんな生き方を私は続けたいんだろうか?」と強く思いました。
それまでは、仕事とは時間を売ることだと思い込んでいました。
ハートが望んでいることとはかけ離れた仕事を続け、身体も心も限界でした。

「これからは私らしく生きよう。」
そう決心したら、流れるように現実が動き出しました。
長年勤めた職場を退職し、疲れ切って癒されたかった私が、人を癒す仕事ヒーラーへの道を進み始めたのです。

直感で選んだボディワークの師は、スーパーサイキック。
澄み切った目をしてアセンションの話をします。
「アセンションって何?私は興味がありません。ヒーリングを学びたいんです!」
心の中で叫びました。
そのうえ、師には観えて聴こえる目に見えない世界が、私にはさっぱり分かりません。
サイキック能力がない私には無理なんだろうか?
師の元を離れて、振り出しに戻りました。

それまでは苦手なことを努力でなんとかしてきたので、スピリチュアルの本から得た「サイキック能力はだれでも持っている。練習すればできるようになる」という知識を信じて、これはと感じるツールをいくつも学びました。スピリチュアル難民の誕生です。
何を学んでも、自分が何をやっているのか分からない。手ごたえを感じられません。
直感を信じて、仕事を辞めてヒーリングを学び始めたのに、直感が分からなくなっていました。
空しくて、「こんな状態は耐えられない、生きているのもう嫌だ!」
一人で泣き叫んだら、腹の底から「見届けてやる!」という声が湧き上がってきたのです。
アセンションのことだと、この時は直感で分かりました。

アセンションとは次元上昇のことで、波動を上げて本当の自分に戻ることでもあります。
心も身体も忘れて思考だけで生きていた私が、本当の自分(魂、ハイヤーセルフ)と一つになって生きる覚悟をしました。心と身体と魂の統合です。

現実は自分の意識が創っていることを、実感するようになりました。
本当の自分と繋がると波動が上がるので、感謝や喜びが湧き上がってきます。
嫌なできごとや苦手な人に出会わなくなり、平和で穏やかな毎日が訪れました。

さらに統合が進むと、「私」という意識が変わりました。
肉体を超えて広がっているように感じ、世界がキラキラ輝いて見えます。
「私は大丈夫」という安心感や「私はできる」という自信が出てきました。
努力も苦労もなしに、ワクワクすることが起きるようになったのです。
統合に終わりはありません。
この先には、想像もつかない至福の世界があるように感じます。

変わっていく私をお見せして、ライトワーカーとして生きたい。
本当のあなたを取り戻し、心からの笑顔で生きられるようになるサポートをします。
一緒に統合を進めて波動を上げて、愛と喜びと調和の新しい地球に行きませんか?