サイキックプロテクション

フリーダムディスティニーHPより

自他の境界線を確立し喜び溢れる人生を生きるためのプロテクション

自分にとって、何が喜びで何が喜びではないのか
それを自覚して感じながら生きていますか?

「ワクワクに沿って生きる」ということが大切と知りながらも、
自らの喜びが何かを自覚し、実際に生きている人がどれくらいいるでしょうか。
喜びに生きるということが大切ということは、多くの方が知っていることです。
ところが、自力で、自分の喜びは何だろうと内観しても観えてこなかったり、
観えたとしても曖昧だったり、他者の期待や他者の要望に答えてしまったり、
断ることが苦手な状態が変わらず続いてしまっていることがあります。

そういった状態になっている時というのは、
エネルギーレベルで自他の境界線がきちんと構築されていない状態なのです。

喜びが観えて来ないのは、努力が足りないのでもなく、
内観が足りないからでもありません。
ましてや、自分自身の性格のせいでもありません。
取り組むポイントは、エネルギーだったのです。

そもそも、「これは自分の本当の喜びなのか。喜びじゃないのか」
ということ自体がはっきりせず、喜び自体が曖昧なので、
そこから中々進めないといったことは、よくあることなのです。
そういった場合、エネルギーレベルで境界線が曖昧になっているので、
再度、自他の境界線を確立する必要があります。

サイキックプロテクションとは

自他に受容と癒しを送り続けるヒーリングをベースに作られているため、
周囲の方々や関係する方々を癒しながら、
ネガティブなエネルギーからの影響から身を守ります。
ストレス要因のエネルギーから自分を守るだけでなく、
境界線を形成することによって『自分にとっての喜びが何か』
ということがわかるような状態をエネルギーレベルで形成していきます。

どなたにも、基本的なエネルギーワークとして受けていただけたらと思いますが、
以下の方に特におすすめです。
• 多くの人と接する仕事をしている
• 自分の思いなのか、他者の思いなのかがよくわからない
• 人の影響を受けやすい
• 言いたい事を言えないで、溜め込んでしまい爆発する
• ボディーに触れる仕事をしている
• 夕方になると疲れてくる
• 自分の喜びが何かがよくわからない
• 人目が気になる
• 学校や会社など集団と関わることが多い
• 怒りやすい人が身近にいる
• 電車や都会の雑踏など人の多いところにいると疲れる
• 感情的になりやすい人が身の回りにいる
• 我慢や犠牲の人生を歩んできてしまった
• カウンセラー、ヒーラー、セラピストなど、心に触れる仕事をしている
• ストレスを感じることが多い
• エネルギーを吸い取られるように感じる
• 感情に振り回されてしまう
• 社会的に多くの方と関わる
• 瞑想が苦手

誰かのための、人生を終わらし、自分のために、人生を生きていく時。
未だ自分を生きられないでいる多くの日本人が自分を取り戻していけるよう願っています。

スピリチュアルマスターAya